スーパーマリオギャラクシー

トイボックスギャラクシー パープルコイン オン ルイージ ステージ攻略

はじめに

トイボックスギャラクシーの彗星ステージで遊びます。

全体マップと特徴

ステージマップ画像

ワンポイント

回転する床ブロック

オーバーオール(サロペット)のボタン部分以外は、ルイージの見ている方向に向かって回転します。 絶対にやってはいけないのは、回転方向に向かって歩くことです。高確率で落ちてしまいますので、必ずジャンプを混ぜましょう。 立ち止まることは難しいコースですので、必然的に時間には余裕があります。回転ブロックはジャンプ+スピンで移動すると安全です。 回転方向と逆方向に歩く場合は落ちませんが、ジャンプ+スピンが無難です。

空中や毒沼上のコイン

合計63枚がありますので、これらを全く取らない場合はクリア出来なくなります。 3箇所にある、5枚まとまっている場所は取れるようにジャンプ+スピンの軌道修正を練習しておきたいです。 ジャンプ元ブロックから、着地先ブロックに向かって斜めにジャンプしたくなりますが、コインに向かって真っ直ぐジャンプしても、十分にジャンプ+スピンで戻れます。 むしろ、斜めにジャンプしてしまうと、逆に5枚に触れるのが難しくなります。

方向キーによる視点変更

見たい方向と逆方向のキーを入力する、と覚えましょう。 1回の入力で45度動きますので、2回入力すると直角に曲がれます。 視点を変更する際には、スティックはニュートラル(どの方向にも倒していない)状態にしておくと安定します。

ビギナールート案

参考動画

のんびり回収しても間に合います。

解説マップ

ステージマップ画像

赤線ルート

参考動画を見てください。文字にすると難しそうですが、向きの調整を活用すれば、真正面方向への直線的な幅跳びが主体となり、だいぶ楽になります。 F地点では3回の視点切替を行い、その後は方向スティックを右方向に入れ、回転ブロック2つめの位置まで移動します。 こうすると、正面方向に幅跳びが行いやすくになります。これ以降は視点変更をしなくても大丈夫だと思います。

  1. A地点:方向キー右を1回押して向きを整える
  2. B地点:方向キー左を2回押して向きを整える
  3. C地点:方向キー左を2回押して向きを整える
  4. D地点:方向キー左を2回押して向きを整える
  5. E地点:方向キー右を2回押して向きを整える
  6. F地点:方向キー右を3回押して向きを整える

青線ルート

G地点など、危なげな場所ではジャンプ+スピンで一呼吸おくようにしましょう。空中の5枚コインを(視点的に)取りやすくするため、少し回り道をしています。 視点変更を活用出来る人は、空中5枚コインに真っ直ぐ向かっても良いです。

紫線ルート

赤線ルートで綺麗にコインを回収出来ていれば、1UPがある回転ブロックエリアには行かなくても良いと思います。 参考動画の通り、回転ブロックはジャンプ+スピンで安全確実に渡るようにします。 参考動画ではワザと1マスずつ進んでいます。これくらい時間には余裕があるということです。余裕がある人は、1マスずつ進む必要はありません。

緑線ルート

100枚揃うと画面が一時停止します。最後の1枚はジャンプ中に取るようにした方が安全です。 コインが足りていれば、最後の空中5枚コインは無視して帰りましょう。回転ブロックを避けるように帰りましょう。 H地点、I地点でも視点を変更すると楽になります。 回収が少し危険な、南西の回転ブロックエリア方向へ行ってしまわないよう注意してください。

パープルコインを150枚すべて回収しよう♪

取るべくして取るべしです。視点切替を活用し、幅跳びを真正面方向にのみ行うようにし、パープルコイン回収を確実なものにします。 殆どのルートは、幅跳びを真正面方向に行えるように画面の向きを調整するためのルートです。

参考プレイ動画

解説マップ

ステージマップ画像

マップ上の星印は、視点切替を行うポイントです。

赤線ルート

Z地点、およびW地点での幅跳びは、少し手前から行わないとパープルコインを1枚飛び越してしまいます。 Y地点では完全に真正面に補正するのが難しいため、幅跳び中にスティック右方向を入れ、ラインのように微調整しています。 X地点からは回転ブロックの回転方向に向かって移動することになるので、ジャンプして落ちないように注意します。 V地点のコインが100枚目となります、一時的にストップがかかるため、着地しながら回収するようにします。 この時点で残り1分10秒は残っていないと、ちょっと厳しいです。

青線ルート

回転ブロックの回転方向以外に向かって歩くよう、ジグザグに回収します。時間制限が厳しいですので、ジャンプ+スピンをしている余裕は殆どありません。

緑線ルート

U地点の幅跳びが最も難しいです。なるべく真正面に向かって飛べるよう調整していますが、時間もギリギリのため、最後の1~2枚が取れないことが多いです。 というか、コンプリート達成のプレッシャーに負けます。動画中の、横宙返りはただの暴発です。

余談

150枚を1分30秒で回収している人がいますよね。ちょっと真似出来そうにないです。