種族について

種族一覧

種族によって、プラスとマイナスの特徴があります。 メリット欄の括弧書は説明書からの抜粋であり、実際には殆ど効果が実感出来ません。無視することを推奨します。

種族一覧
種族名称能力修正値可能クラスメリットデメリット
人間-ファイター
レンジャー
メイジ
クレリック
シーフ
パラディン
パラディン可能-
エルフDEX+1
CON-1
ファイター
レンジャー
メイジ
クレリック
シーフ
ファイター兼メイジ
ファイター兼シーフ
メイジ兼シーフ
ファイター兼メイジ兼シーフ
エルフ文字解読可
(一部の魔法にかなり強い)
(弓攻撃時ボーナス付加)
復活呪文無効
ハーフエルフ-ファイター
レンジャー
メイジ
クレリック
シーフ
ファイター兼メイジ
ファイター兼クレリック
レンジャー兼クレリック
メイジ兼シーフ
クレリック兼メイジ
ファイター兼メイジ兼クレリック
ファイター兼メイジ兼シーフ
(一部の魔法にすこし強い)-
ドワーフCON+1
CHA-1
ファイター
クレリック
シーフ
ファイター兼クレリック
ファイター兼シーフ
ドワーフ文字解読可
(毒にかなり強い)
-
ノームINT+1
WIS-1
ファイター
クレリック
シーフ
ファイター兼クレリック
ファイター兼シーフ
クレリック兼シーフ
ノーム文字解読可
(魔法にかなり強い)
(対コボルト戦時ボーナス付加)
-
ハーフリングDEX+1
STR-1
ファイター
クレリック
シーフ
ファイター兼シーフ
(魔法にすこし強い)
(スリング攻撃時ボーナス付加)
ダメージボーナス不可
種族名称能力修正値可能クラスメリットデメリット

説明書の誤り

全ての種族における最大レベルは11です。いかなる種族にもレベル上限はありません。 但し、クラスがクレリックの場合のみ、最大レベルは10が上限となります。

表項目説明

クラス

クラスとは職業のコトです。ファイター、メイジ、等です。

能力修正値

パラメータ調整時に適用される値です。この値よりもクラスに適用される"能力最低値"が優先します。

性別

後に選択可能な顔にのみ影響します。お好みで構いません。

判読可能文字(ノーム、ドワーフ、エルフ)

ノーム文字やドワーフ文字が読めない場合、ダンジョンの壁に書かれているヒントが読めないという事になります。 当サイトは読めなくても大丈夫なように作成しています。よって、自分でも読みたい方以外は無視して構いません。

ボーナス(エルフ、ノーム、ハーフリング)

攻撃時に"当りやすい"、"ダメージが大きくなりやすい"という意味です。経験値が多く貰えるわけではありません。 スリング、弓は当攻略で使用しません。対コボルドボーナスは相手が弱すぎるので不要です。よって、これらも無視して構いません。

復活呪文無効(エルフ)

当攻略では、キャラクターが死んでしまったらばロードしてやり直すコトをお勧めしています。 ですので、気にせずにエルフ族を選択しても構いません。エルフ族はDEX+1の補正(別記)が入る貴重な種族です。

ダメージボーナス不可(ハーフリング)

能力値のページで説明します。